• ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン
  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン

お水がいらない 五目あんかけラーメン 専門店への挑戦!

キンレイブログ

キンレイでは、専門店の技法にならい、素材を吟味し、本物の美味しさを追求しています。
今回は、「お水がいらない 五目あんかけラーメン」の美味しさを追求した、キンレイのこだわりをご紹介します!

五目あんかけラーメン.jpg
商品概要はコチラ ⇒ 「お水がいらない 五目あんかけラーメン」

あんかけラーメンの美味しさの秘訣


中華料理専門店の野菜炒めは、火がきちんと通っているのにシャキシャキ!
香りも良い!この美味しさを自宅で再現したいけれど、野菜に火が通るまで炒めたらシナシナ食感で水っぽい。シャキシャキに仕上げようとすると生っぽい・・・
美味しさの秘訣は、一つ一つ手間を惜しまず油通しすること。そして中華鍋を使って、高温で一気に完成させることにあります。ここで、専門店の作り方を見てみましょう!



それぞれの材料を油通ししてから、最後はサッと合わせるように作ります。こうすることで食感が良くなり、風味が引き立つので、美味しく仕上がるのです!

専門店手法を再現した、こだわりの製法


中華料理専門店で食べるような本格的な味わいを目指し、キンレイでは3つのことに挑戦!
はたして、その挑戦とは一体・・・??

挑戦その1.中華料理の野菜炒めを再現する「鉄鍋」と「火力」
中華料理店で使用している中華鍋と高火力を、こだわりの設計で特別注文した「鉄鍋」と「直火(ガス火)」で再現しました。



鉄鍋とは言わば大きな中華鍋です。鉄鍋はステンレス製の鍋に比べて、高温に強く、熱伝導性が良いことが特徴です。
この鉄鍋に合わせるのが、専用の高火力直火バーナー。大量調理でも必要な火力がキープでき、温度を落とさずに調理することができます。 これら2つを組み合わせることで、本格中華さながらの「炒め」を再現しています。

挑戦その2.油通し技法による調理品質の再現
中華料理には欠かせない下ごしらえがあります。それが「油通し」です。
カットした具材を120~130℃の油にくぐらせることで、均一に素早く火が通り、食感良く仕上がります。
また、野菜は青臭さが消え、風味がより引き立ち、色も鮮やかになります。表面に油がコーティングされることで、味にコクが出て、調味料との絡みも良くなります。



この油通しの技術を再現するため、一部の具材を別々の鍋で油でサッと炒めてから、盛付けをしています。
特にチンゲン菜は、独特の青臭さが消えて、風味良く、色鮮やかに仕上がります。
丁寧な下ごしらえは中華料理には欠かすことができません。

挑戦その3.自然な鶏ガラ風味!
中華料理店では、鶏肉や鶏ガラ、香味野菜などを長時間炊いたスープベースを、様々な料理に使用します。あんかけラーメンにも、このスープが使われます。



鶏ガラをじっくりと炊きだすことで、濃縮エキスだけでは再現できない、自然な鶏ガラ風味が味わえるスープに仕上がります。
自社で炊き出しができるキンレイだからこそ、実現できる味わいです。

最後に


今回は、「お水がいらない 五目あんかけラーメン」の美味しさの秘訣を紹介しました。
このように、キンレイでは商品に合わせて一つ一つ素材を吟味し、その素材に合わせて丁寧に下処理しています。
これが、専門店さながらの美味しさを生み出す秘訣なのです。

横浜中華街発展会協同組合監修


善隣門.jpg 横浜中華街発展会協同組合とは??
横浜中華街の発展のために活動する共同組合団体です。
街で円滑に商業活動するためのルールづくり・催事やイベントの運営など、横浜中華街の発展に寄与する活動を行っています。
横浜中華街・公式サイト https://www.chinatown.or.jp/