なべやき屋キンレイ 冷凍麺コラム

  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン
  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン

冷凍焼けを防いでうどんをおいしく食べよう!

冷凍めんコラム

家にストックがあると何かと便利な冷凍うどんですが、いくら保存がきくといっても長く保管していた場合に起こりやすいのが「冷凍焼け」です。冷凍焼けを起こすと麺が白く変色し、味や食感も損なわれてしまいます。今回は、冷凍うどんの天敵ともいえる冷凍焼けの原因をはじめ、冷凍うどんのおいしい食べ方などについてご紹介します。

【加工済】shutterstock_1051701215.jpg

冷凍焼けの原因

冷凍庫にしまっている食品が冷凍焼けを起こす主な原因には、「昇華(しょうか)」と「酸化」が大きく関係しています。

昇華とは、個体が液体にならずに直接気体へと変化する現象です。簡単にいうと、食品の中に含まれている凍った水分が冷凍庫の中で気体となって抜けてしまい、食品自体が乾燥してしまうこと。水分が抜けた分だけ食品に空気が入るため、酸化が進んで冷凍庫の中で変色や変形が起こります。これが、冷凍庫で保存していた食品に「冷凍焼け」が起こるメカニズムです。

冷凍うどんをおいしく食べるには?

245b3a7ac698522b3f980b9f67cddb2e_s.jpg

せっかくなら、いつでも冷凍うどんをおいしく食べたいもの。そのために気をつけたいポイントがいくつかあります。

■保管する際は温度変化を最小限に保つことが大切!

冷凍庫をひんぱんに開け閉めしていると、庫内の温度は上がってしまいます。こうした温度変化によって冷凍状態になっている食品の多くは冷凍焼けを起こし、品質が落ちてしまうのです。そのため、保管をする際は「何度も出し入れしない」「長く開けておかない」という2点を徹底し、冷凍庫内や食品の温度変化を最小限に留めましょう。

冷凍庫の奥のほうで保管したり緩衝材・断熱材に包んだりすることで、食品の温度変化は抑えることができます。ただし、どんなに温度変化を抑えても長く保管していると少なからず冷凍焼けを起こしてしまうため、やはりできるだけ早いうちに食べるのがおすすめです。

■解凍は茹でるか電子レンジで!自然解凍はNG!

shutterstock_1266894538.jpg

過去の冷凍めんコラム「冷凍うどんをおいしく解凍する方法、知っていますか?」でもご紹介しましたが、冷凍うどんは「沸騰したお湯で茹でる」か「電子レンジを使用する」ことでおいしさを損なうことなく解凍できます。電子レンジならお湯を沸かす手間も省けるので、忙しいときや疲れているときなどは電子レンジを使用してみましょう。

常温での自然解凍や流水解凍は麺が解凍されるまでに時間がかかってしまうため、"茹でのび状態"になってコシが失われてしまうので避けましょう。

■もし冷凍焼けしてしまったら......

shutterstock_232229161.jpg

どんなに気をつけていても冷凍焼けを完全に防ぐことは難しいものです。しかし冷凍焼けしてしまった場合でも、適切に保管していれば食べること自体は問題ありません。ただし、かけうどんなどのシンプルな料理だと人によっては食感の落ち具合が気になってしまうことも......。そんな場合は、味噌煮込みうどんや焼うどんなど煮込んだり炒めたりして、少し濃い味付けのうどん料理に使ってみましょう。

保管や調理法に気をつけて冷凍うどんをおいしく食べる!

もちもちとした食感がおいしい冷凍うどん。せっかく買った冷凍うどんをおいしく食べるなら、本来の食感を楽しむためにも保管や調理方法には気をつけたいところ。冷凍うどんを買う際は、保管法や調理法を少しだけ意識してみてはいかがでしょうか。

サッと作れる手軽な冷凍うどん料理ですが、「具材の準備や出汁の準備などが大変......」という方もいるはず。冷凍うどんなどの食品製造・販売を行うキンレイのオンラインショップでは、鍋に入れて温めるだけですぐに食べられる具材付きの冷凍うどんを販売しています。出汁や具材にこだわって作られたうどんはどれも専門店さながらの味に仕上がっているので、気になる方はこの機会にぜひお試しください!

鍋焼シズル.jpg


キンレイのオンラインショップはこちら