博多のご当地ラーメン『博多豚骨ラーメン』を、ラーメンデータバンク監修の下、商品化しました。専門店の製法を追求した、キンレイのこだわりをご紹介します。

お水がいらない 博多豚骨ラーメン_パッケージ画像.jpg
◆商品情報はコチラから
◆ご購入は全国の量販店・スーパーマーケットまたは、キンレイのオンラインショップから

お水がいらない?


お水がいらない 博多豚骨ラーメン_三層構造画像.jpg ストレートスープ、麺、具材が三層構造になって凍っているので、そのままお鍋で温めるだけ!
お水で希釈する必要がありません。
だから、『お水がいらない』なのです。

ラーメンデータバンク監修


ラーメンデータバンク様 ロゴ.jpg ラーメンデータバンクとは、店舗検索サイト「ラーメンデータベース」の監修、ラーメンイベントの企画運営等を手がける会社です。

人気ご当地ラーメンを商品化!


Q、有名だと思うご当地ラーメンは?
16_01.jpg
Q、キンレイで商品化して欲しいご当地ラーメンは?
18_02.jpg
キンレイ独自のご当地ラーメンアンケートでは、なんと博多豚骨ラーメンが知名度第1位!
キンレイで商品化して欲しいご当地ラーメンは、3位を大きく引き離し第2位に。
21年8月に発売した「お水がいらない 札幌味噌ラーメン」に引き続き、待望の博多豚骨ラーメンを商品化しました。
出典:キンレイ国麺調査より

目指した味わい


~安心感のある九州定番の博多豚骨ラーメン~
博多豚骨合成写真-2.jpg地元で家族に愛される、「町のラーメン屋さん」を目指しました。
豚頭や豚骨などを長時間煮込んだ濃厚な味わい、とろみのあるスープ。博多ラーメンの特徴とも言えるストレートの細麺。
博多にある専門店の味わいを目指した、キンレイの挑戦をご紹介します。

博多豚骨ラーメン専門店への挑戦


【スープ】
専門店では、豚頭や様々な部位の豚骨を長時間、強火で炊き出します。
骨がボロボロになり、「髄」の旨味まで絞り出した濃厚な豚骨白湯スープを作ります。
出来上がったスープは、豚骨の香り・舌に残るザラつき・トロリとした濃厚さが特徴です。
この豚骨ラーメンらしいスープを工場で再現するため、試行錯誤しました。

ポイント①炊き出した豚骨の香り
専門店の特徴【豚頭、豚皮、げんこつなど様々な部位を厳選し、長時間炊き出したスープ】
工場では・・・様々な部位があらかじめブレンドされた豚骨を使用し、大きな釜で炊き出します。
豚骨を炊き出したスープをベースにすることで香りが立ち、味にも立体感が出ます。濃縮スープだけでは出せない味わいを表現しました。

ポイント②味づくりの吟味
専門店の特徴【「骨の髄」が溶け出した、スープに残るザラつき】
工場では・・・ザラつきが残るスープが味の決め手。豚骨・豚肉由来の原料を複数組み合わせ、リアルな口当たりと質感を再現しました。


ポイント③ポークオイル
専門店の特徴【強火で長時間炊き出すことで得られる、独特の豚骨臭】
工場では・・・濃厚な豚骨スープを作るには、強火で長時間ガンガン炊き出す必要があります。
強火で煮立たせたときのちょっと鍋肌にこびりついたような豚骨の香りを表現するため、ポークオイルを厳選しました。

ポイント①②③が合わさることで、完成度の高いスープに仕上がります!

【麺】
硬めで歯切れの良い、専門店品質を目指しました。
無題.png
【具材】
博多豚骨ラーメンの定番、チャーシュー・青ねぎ・きくらげを盛り付けました。

お水がいらない 博多豚骨ラーメン_シズル画像.jpg

お買い求めは??


◆ご購入は全国の量販店・スーパーパーマーケットまたは、キンレイのオンラインショップから

コメント投稿はこちらから