キンレイの取り組み

食の安全・安心への取り組み

お客さまに真心の手仕事をお届けするため、安全・安心を優先する商品作りに取り組んでいます。

体に直接取り込む「食」を提供する事業者にとって、「安全・安心の確保」は基本的かつ最大限の責務といえます。
私たちキンレイでは、素材から包装材料の選定および生産から流通のあらゆる工程において、監視指導・試験検査の徹底や、自社による細菌検査・官能検査の実施、品質保証の専門部署設置、外部機関との連携などにより、お客さまに「安全」で「安心」していただける商品・サービスの提供に向け、さまざまな取り組みを推進しております。
キンレイは平成19年12月、食品安全のマネジメントシステムである国際規格「ISO22000」の認証を取得しました。平成26年9月には、上記の取り組みをさらに進化させるために、「FSSC22000」(食品安全管理システム)を取得しました。

原材料・原産地の情報公開について

商品に使用している主な原材料・原産地についてホームページ上で情報公開してまいります。

  1. 【1】表示する基準

    1)法令などに定められた表示義務がある原料

    2)お問い合わせが多いなど、当社が必要と認めた原料

    (例)具材の使用重量の多い原料など。

    ※ただし、味付け目的の原料は表示しておりません。

  2. 【2】複数産地原料について

    原則として、使用頻度の高い順、もしくは配合量の多い順に記載しています。

  3. 【3】変更の可能性

    商品の改訂などにより記載内容と異なる場合があります。あらかじめご了承願います。

    商品情報の掲載について

    商品情報については、商品情報ページにてご覧いただけます。

■お問い合わせ

本部(東京)
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-36-1 KTエクセルビル5F
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始を除く)
03-3989-0466
大阪営業所
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町3-3-11 旭光ビル7F
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始を除く)
06-6203-6330

環境への取り組み

環境保全活動を積極的に取り組みます。

私たちは、あらゆる活動が環境と深く関わっていることを認識し、長期間の保存が可能で、流通段階での廃棄物排出を抑制できる冷凍食品の製造活動を通じて、継続的かつ積極的に、環境保全に取り組んでいます。 環境保全のため、資源・エネルギー利用の効率化、廃棄物の適正な分別、資源のリサイクルを実施。
特に、環境に有意な影響を与える可能性があるエネルギー(電気・都市ガス・LPG)使用量、工場排水の環境負荷、廃棄物量については、継続的に環境負荷の改善に努めています。
生産部は平成13年10月、環境のマネジメントシステムである国際規格「ISO14001」を取得いたしました。 今後も引き続き環境負荷の低減に努めてまいります。

基本理念・基本方針

食品安全方針

基本理念

キンレイは、ミッションに掲げる「幸せと発展に貢献する」を実現するために、お客さまに直接食べていただく冷凍食品を製造する企業として、「食の安全・安心」に誠心誠意取り組み、人々の幸せと食文化の更なる発展に貢献します。

基本方針

  1. 食の安全・安心に努めることが企業発展のための最重要課題であることを認識し、その実現のために食品安全マネジメントシステムを構築、運用、維持します。
  2. お客さまに直接食べていただく食品を提供する企業として、安全で高品質な食品を提供し続けるために食品安全の確保に努めます。
  3. 食品安全に関する国、地方自治体、業界団体の法令・規制要求事項を遵守し、相互に合意したお客さまの食品安全要求事項に適合します。
  4. 食品安全に関する最新の情報は、社内はもとより、迅速にお客さまや取引先に伝えます。
  5. 食品安全マネジメントシステムを適切に実施するため、食品安全目標を設定するとともに、食品マネジメントシステムの継続的なレベル向上のため、定期的なレビューを行います。
  6. 食品安全方針を社内に掲示し、全従業員への周知と意識喚起を図ります。

生産本部環境方針

基本理念

キンレイ生産本部は、ミッションに掲げる「幸せと発展に貢献する」を実現するために、長期間の保存が可能で、流通段階での廃棄物排出を抑制できる「冷凍食品」の製造活動を通じて、「環境保全」に誠心誠意取り組み、人々の幸せと食文化の更なる発展に貢献します。

基本方針

  1. 環境問題を経営の最重点課題の一つと認識し、事業活動における環境負荷を評価するとともに、環境マネジメントシステムを継続的に整備・改善することによって、環境保全のために必要な目的および目標を設定・レビューする仕組みを構築・維持します。
  2. 資源・エネルギーの利用の効率化と、廃棄物の適正な分別、資源のリサイクルに取り組みます。
  3. 当部の事業活動において、特に環境に有意な影響を与える可能性がある以下の項目については、継続的に環境負荷の改善に努めます。
    • エネルギー(電気・都市ガス・LPG)の使用量
    • 工場排水の環境負荷
    • 廃棄物量
  4. 環境に関連する国・地方公共団体の法的要求事項、及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  5. 緊急時はもとより、日常活動を通じて環境への汚染の予防に取り組みます。
  6. この環境方針は、従業員及び当部のために働く全ての人に周知し、外部からの要求に応じて公表します。

認証取得

FSSC/ISO22000

食の安全・安心に対する消費者の関心が高まる中、当社は、平成19年12月に、国際標準規格『ISO22000(食品安全マネジメントシステム)』の認証を取得し、平成26年9月には、上記の取り組みをさらに進化させるために、『FSSC22000(食品安全管理システム)』を取得しました。

*ISO22000とは、食品関連企業体に適用される国際標準規格で、国際品質マネジメントシステム「ISO9001」の品質管理手法と「HACCP」の衛生管理システム手法を組み合わせた食の安全・安心および品質を厳格に管理するシステムです。

*FSSC22000とは、国際規格である「ISO22000」に、関心の高まっているフードディフェンス等を盛り込んだ一般衛生管理の具体的な手法が追加されているもので、食品製造事業者や食品包装材製造事業者にとって、今、最も注目を集めているシステム。具体的な手法として、破壊行為またはテロリズムの潜在的な脅威に対する予防手段の確立などが定められ、例えば、施設へのアクセス管理、ポケットのない作業服の着用、原材料の安全性、工場内での交差汚染予防など、約200項目にも及ぶ。

FSSC/ISO22000登録証

ISO14001〈環境マネジメントシステム〉

生産本部(筑波工場・泉北工場)では、平成13年10月に『ISO14001(環境マネジメントシステム)』の認証を取得いたしました。
今後も引き続き、資源・エネルギー利用の効率化、廃棄物の適正な分別、資源のリサイクルなど環境負荷の低減に努めてまいります。

*ISO14001とは、商品・サービス等について、環境に与える負荷を、継続的に低減・防止していくための仕組みを企業の中に構築するためのマネジメントシステムで、国際標準化機構が発行した国際規格です。

ISO14001登録証