なべやき屋キンレイ 冷凍麺コラム

  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン
  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン

冬至はこんにゃくで「砂払い」!しらたきを麺料理にアレンジするアイデア

冷凍めんコラム

一年の間で最も日照時間が短くなる冬至は、カボチャを食べたりゆず湯に入ったりと、古くからのさまざまな風習が残っている日です。こんにゃくを食べる「砂払い」も冬至に行われる風習のひとつですが、なぜ冬至にこんにゃくを食べるのがよいとされているのでしょうか?

今回は冬至に「砂払い」がよいとされる理由と、こんにゃくをおいしく食べるためのアイデアをご紹介します。

AdobeStock_114484291.jpeg

冬至の風習「砂払い」とは

日本には古くから、こんにゃくを冬至に食べて一年に溜まった砂(=体にとって害のあるもの)を体の外に出す「砂払い」という風習がありました。現在では「冬至、こんにゃく、砂払い」という言葉こそあまり聞かなくなりましたが、こんにゃくは食物繊維を豊富に含む食品として広く認知されています。

食物繊維には整腸作用があるのはもちろん、糖質やコレステロールの吸収を抑えたり、消化管の動きを活発にしたりする働きもあると考えられています。健康維持のためには、冬至に限らず積極的に料理に取り入れたい食材ですね。

■こんにゃくの種類とそれぞれに適した調理法

AdobeStock_132292925.jpeg

こんにゃくにはさまざまな種類があり、それぞれに適した調理法があります。それらの特徴を知っておいしく「砂払い」を実践しましょう。

《板こんにゃく》
製造時に板で整形して固めたものです。料理の用途に合った切り方ができ、煮物や田楽などの幅広い料理に活用できます。

《さしみこんにゃく》
他のこんにゃくより水分が多く柔らかいのが特徴です。酢醬油やからし味噌をつけて食べるのもおいしいですし、サラダやマリネに使うのもおすすめです。

《しらたき・糸こんにゃく》
こんにゃくを作るときに細い穴に通しながら茹で、糸のようなひも状にしたものです。短時間で味が染みるので、すき焼きや和え物にぴったり。

ちなみに、江戸時代ではしらたきと糸こんにゃくは区別されており、糸こんにゃくは関西で主に食べられていた、板こんにゃくを細く切った食品でした。現在は関西でも細い穴に通しながら茹でたものが食べられていますが、当時のなごりで「しらたき」ではなく「糸こんにゃく」と呼ぶことが多いようです。

しらたきを麺料理風に調理するアイデア

しらたきは噛み応えのある食感で、腹持ちもいいのでダイエット中の食事にも適しています。ただし、特有の臭みがあるので下ごしらえで臭みを取るのがポイント。そこでおすすめなのが、しらたきをうどんや焼きそばの麺と置き換えて料理に使う方法です。

■しらたきを「カレーうどん」風にアレンジ

AdobeStock_115206114.jpeg

カレーうどん風のアレンジなら、カレーの香りでこんにゃくの独特の臭みが気にならなくなります。軽く塩を振って揉み、2分から3分ほど熱湯でゆでてアク抜きをしてから使いましょう。

1人分の材料は、しらたき200gとカレールー2かけ、水200ml、和風だし顆粒小さじ2、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2、水大さじ1)、玉ねぎ1/4個、ネギ少量。

しらたきをアク抜きし、玉ねぎとネギを切ったら、鍋に水とカレールーを入れて沸騰させます。玉ねぎとだしの素を入れて加熱し、玉ねぎが柔らかくなったらしらたきを入れて軽く煮込みます。仕上げに水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたら、器に盛りつけ、ネギをのせて完成です。

■こんにゃくのもちもち食感で「タイ風焼きそば」を再現

AdobeStock_165137824.jpeg

タイ風焼きそばの「パッタイ」には米粉でできた麺が使われていますが、しらたきで代用するのもおすすめです。しらたきを炒め物に使う場合は、鍋の中にしらたきを入れ、混ぜながら中火で炒ると◎。あらかじめしらたきを炒っておくことで食感がよくなり、味もなじみやすくなります。

材料はしらたき150gのほか、干しエビ、厚揚げ、卵、玉ねぎ、ニラ、もやしなどの具材、調味料としてナンプラー(大さじ1)、きび砂糖、スイートチリソース、酢(各大さじ1/2)、オイスターソース少々とサラダ油(適量)を用意します。

フライパンにサラダ油をひき、食べやすい大きさに切った具材を炒めた後、混ぜ合わせた調味料と、あらかじめ炒っておいたしらたきを加え、一緒に炒めれば完成です。お好みでライムやパクチーをのせるとさらにおいしく仕上がります。

まとめ

体内の"砂"を排出するといわれるこんにゃく。今年の冬至にはぜひこんにゃくを食べて、寒さに負けない健康な体を手に入れましょう。

冷凍うどんの製造・販売を行うキンレイでは「おとり寄せコレクション カレーうどん」を販売しています。寒い日が続いて体調を崩しやすくなる冬は、鰹節、鯖節などからとっただしとカレースパイスの調和がとれた味わい深いつゆで体を芯から温めてはいかがでしょうか?

カレーうどんシズル.jpg


キンレイのオンラインショップはこちら