なべやき屋キンレイ 国麺調査

  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン
  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン

47都道府県別で人気を調査! うどんの具材に県民性! サクッとシャキッが人気を二分!

国麺調査

全国No.1!?地域を超えて愛される国民的人気うどんが明らかに!

全国No.1!?地域を超えて愛される国民的人気うどんが明らかに!

※インターネット調査。質問「メインとなるうどんの具材で好きなものを教えてください」「あなたの出身地を教えてください」調査対象:moniplaユーザー総回答数11664名 (2018年9月キンレイ調べ)


記念すべき第30回の国麺調査を読んでいただきありがとうございます。今回お届けするのは「都道府県別 好きなうどん」についてです。日本の国民食と言っても過言ではないうどん。ひとくくりにうどんと言っても出汁の好みが関東と関西で異なることなど、地域によって違いがあるのは誰もが知るところです。それでは都道府県によって好きなうどんの種類にも違いはあるのでしょうか?この疑問に答えを見出すべく今回の調査を行いました。
それぞれの地域で最も票を集めた栄えある1番人気は、47都道府県のうち42の地域でナンバー1に輝いた「海老天うどん」!全体の90%で支持されるという驚きの結果が得られました。器の中で存在感を放つ「海老天」は、県民性を超えるほどの魅力的な具材のようです。これに対して少数派ではあるものの4つの地域(山形・栃木・群馬・長野)でナンバー1を獲得した具材は「かき揚げうどん」。具材としてかき揚げが選ばれたのは、ボリュームがあるうえ色々な具が入っている点だけでなく、栃木・群馬・長野が内陸県で海老の漁獲が少ないため、うどんと一緒に天ぷらを食べる習慣はあっても、海老天を1番好きな具材として選ぶ方は少ないのかもしれませんね。
そして47都道府県のうち、山口だけがしっかりと個性をアピール。唯一この地域のみ「牛肉うどん」がナンバー1を獲得しました。地域によって違いが発見できたうどんの好みですが、共通点を挙げるとすれば、どのうどんも見た目が豪華で食欲をそそる具材が乗ったものという点ですね。私の中で海老天うどんはちょっと贅沢なうどんというイメージでしたが、これからは県民性を口実にどんどん食べていこうと思います。

西はシャキシャキ、東はサクサク!2つの具材が人気を二分!

西はシャキシャキ、東はサクサク!2つの具材が人気を二分!

※インターネット調査。質問「手軽に追加できるうどんの具材で好きなものを教えてください」「あなたの出身地を教えてください」調査対象:moniplaユーザー総回答数11664名 (2018年9月キンレイ調べ)


続いてのテーマは「都道府県別 手軽に加えるうどんの具材」についてです。調理に手間をかけず用意できる具材を通して、自宅で食べるうどんの好みと県民性に関わりはあるのかを調査しました。47都道府県のうち、34の地域でナンバー1の座を手にしたお手軽具材は、薬味としても不動の人気を誇る「ねぎ」これに対して13の地域でナンバー1を獲得したのは、しみ出す油が出汁にコクを与えるサクサクの「揚げ玉」でした。人気を二分することとなった2つの具材ですが、北海道と東北、関東の一部で「揚げ玉」が、中部地方から西の地域では「ネギ」が選ばれる傾向にあり、関東までと中部からで好みが大きく分かれるということが判明。地域性の違いを感じる結果となりました。

キンレイでは圧倒的に人気の「海老天うどん」、多くの山口県民に好まれている「肉うどん」のどちらもご用意しています。ぜひ一度ご堪能ください。

キンレイオンラインショッピング→コチラ