なべやき屋キンレイ 冷凍麺コラム

  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン
  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン

今だけのおいしさ!「新」のつく野菜をうどん料理で味わおう

冷凍めんコラム

新緑が初夏の風に揺れ、気分も晴れやかな5月。この時期、スーパーの青果コーナーには「新玉ねぎ」や「春キャベツ」といった新物野菜が多く並びます。新物野菜には年中売られている野菜とは違った魅力がありますが、市場に出回る時期が短いため、気軽に入手できる間は積極的に料理に取り入れたいものですよね。

今回は、春から初夏にかけて味わえる新物野菜の種類と魅力をご紹介します。それぞれの新物野菜の適切な調理法を知り、この時期ならではのうどん料理を楽しみましょう。

5cbd8ec3e30513a2e54af8e4f398cd43_m.jpg

春しか食べられない「新物野菜」の魅力

野菜や果物には、1年のうちでもっとも栄養価が高まる「旬」の時期が存在します。旬の野菜は味に個性がはっきりと表れ、色も鮮やか。しかし、同じ野菜でも品種や生育環境が違えば、収穫時期にズレが生じます。春先から夏にかけて収穫される新物野菜は、この違いを利用して計画的に生産されたもの。つまり「新物」と呼ばれる野菜は、旬から外れているのではなく、春の時期に一番おいしくなるよう計算された「春が旬」の野菜なのです。

「新」や「春」が冠された野菜に共通していえるのは、他の時期に出回るものよりも水分を多く含み、特有の甘みがあるということ。そのため、普段使っている野菜と同じように調理すると、せっかくのみずみずしさや甘さを失ってしまいます。新物野菜を料理の材料として使用する場合は下ごしらえや火加減にこだわり、今しか味わえない風味や食感を最大限に活かしましょう。

「新」がつく野菜はうどんにもぴったり

■新玉ねぎの食感を活かした「カレーうどん」がおいしい

00a3c539073c784d1bafdfb8dc262973_s.jpg

辛みがほとんどなく、シャキシャキとした食感が魅力の新玉ねぎは、4月から5月にかけて出回る新物野菜の定番です。玉ねぎは日もちをよくするため、収穫後に1ヶ月ほど乾燥させてから出荷されるのが普通ですが、早穫りしたものをすぐに出荷する新玉ねぎは皮が薄く、実の水分が豊富な状態で食卓に届きます。

新玉ねぎの甘みを楽しむなら、サッと水洗いをしてサラダにするのが賢い方法ですが、同じく春の味覚である「新じゃがいも」と一緒にカレーにするのもおすすめです。調理の際は、最初から煮込む新玉ねぎのほかに「追い玉ねぎ」を用意するのがポイント。ルウを溶かした後、7~8mmほどの幅に切った新玉ねぎを加えてひと煮立ちさせれば、絶品カレーの完成です。作ったカレーは、出汁でのばしてカレーうどんにしてもいいでしょう。

■新キャベツの甘みは麺料理のアクセントに

0247ff48c0122bae92ee79e4e1da883e_s.jpg

一年を通してさまざまな品種が出回るキャベツですが、春に出荷されるものは「新キャベツ」や「春キャベツ」として区別され、その甘みや葉の柔らかさが人気です。キャベツは葉がしっかり巻いており重みのあるものほど味がいいとされており、春キャベツは巻きがゆるく葉が柔らかいものを選ぶと、本来のおいしさが楽しめるでしょう。

春キャベツはサラダや漬け物はもちろん、サッと火を通して麺料理の具材にするのにも向いています。もしご自宅に冷凍うどんがあれば、春キャベツと長ねぎ、豚肉を具材とし、醤油と酒で味をつけて温かいうどんを作ってみましょう。春キャベツとねぎの甘みがとろける極上のうどんは、子どもたちからも支持されそうですね。

■新ごぼうは「かき揚げうどん」で香りを楽しんで

02069970fda128d4fff9219c08dd0398_s.jpg

4月から6月にかけて出荷される新ごぼうは、秋冬に種をまき、大きく育つ前に収穫したもの。柔らかい身質と、さっぱりとした香りが特徴です。秋冬に旬を迎える一般的なごぼうよりも色が白く、料理の見た目が明るく仕上がるのも実に春らしいですね。

新ごぼうは皮の部分に香りと旨味があるので、調理する際は優しくこすって軽く汚れを落とすくらいにしておくのがポイントです。いろいろな新物野菜を細切りにしてまとめて揚げれば、新物野菜を一気に味わえる贅沢なかき揚げを作ることができます。シンプルなかけうどんにのせて、豊かな香りを堪能してはいかがでしょうか?

まとめ

まるでフルーツのように甘みのある新物野菜は、野菜が苦手な子どもたちでもおいしく食べることができます。この時期スーパーで気軽に手に入る新物野菜を、いろいろな料理に取り入れてみてはいかがでしょうか?

もし新物野菜のシーズンを逃してしまっても、冷凍うどんなどの食品製造・販売を行うキンレイの冷凍うどん商品なら季節を問わず野菜のおいしさを味わうことができます。 「お水がいらない 肉うどん」は玉ねぎとネギの甘みを活かした人気商品です。ぜひご賞味ください。

肉うどんシズル.jpg


キンレイのオンラインショップはこちら