なべやき屋キンレイ 冷凍麺コラム

  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン
  • ニュース
  • プレスリリース
  • キンレイブログ
  • キャンペーン

うどんがもっと好きになる!うどんの豆知識 ~第11弾~

冷凍めんコラム

南北に細長い日本列島には、各地の風土を活かした数々の郷土料理が存在します。「うどん」といえば西日本で親しまれているイメージが強いかもしれませんが、古くから米と小麦の二毛作が盛んに行われていた東日本の一部では、うどんは冠婚葬祭などの行事に欠かせない料理として独自の発展を遂げてきました。

今回は「日本の郷土料理うどん後編」として、秋田県から山梨県までの東日本エリアに伝わるご当地うどん7種をご紹介します。前回ご紹介した西日本のうどん(/news/201711/14110000.php)とは製法や味付けにどんな違いがあるのでしょうか? うどんが発展した歴史を紐解きながら各ご当地うどんの魅力に迫ります。

shutterstock_517938328.jpg

歴史背景が興味深い!甲信地方のうどん

6dab56c83be8aef11d965e710b4a92d2_s.jpg

■山梨県・吉田うどん

富士吉田市を中心に親しまれている吉田うどんは、江戸時代、富士参詣客を相手にうどんを売っていたのが始まりとされています。ただし一般の居住用家屋を昼時だけ開放してうどんを出していたといわれ、極太でコシの強い麺が最大の特徴。麺の太さやコシは江戸末期以降、養蚕や機織りに携わる女性に代わって男性が炊事を行い、うどんを打ち始めたことから発展したといわれています。ニンジンや煮キャベツ、ゴボウ、油揚げなどが一般的な具材で、つゆは味噌か醤油、または両方を合わせて作ります。

■長野県・おしぼりうどん

長野といえば信州そばが有名ですが、コアな郷土料理が食べたい方には「おしぼりうどん」がおすすめです。ふきんやガーゼなどで絞ることからその名がついた「おしぼりうどん」は、辛みの強い「ネズミ大根」をすりおろし、ふきんで絞った汁に味噌を溶かして作ったつゆが特徴です。海に接していない長野県では出汁のもとになる海産物が入手困難であったため、このような食べ方が考案されたといわれています。

埼玉県のご当地うどんは暑さを吹き飛ばすさっぱり系?

■埼玉県・加須うどん

埼玉県加須市とその周辺で食べられている加須うどんには、地元で盛んに栽培される小麦が使用されています。手づくね、足踏み、寝かせの工程に通常の倍ほどの時間をかけて作るコシの強い麺は加水率が高く、つるりとしたのどごしを堪能できます。あっさり味の冷たいつゆに冷たい麺をつけて食べるのが、コシの強さとのどごしを最大限に楽しめる食べ方なのだとか。

■埼玉県・冷や汁うどん

魚の身と味噌、ゴマなどの材料をすりあげて作る「冷や汁」は宮崎県の郷土料理としても知られていますが、埼玉県の冷や汁には魚の代わりに、きゅうりの輪切りや大葉、ミョウガなどの具材が加えられます。食欲がなくてもサラサラと食べられ、夏の定番家庭料理として農家を中心に親しまれてきました。平成22年には「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」で優勝し、現在は家庭だけでなく飲食店でも提供されています。

北関東・東北のうどんは製法がユニーク

847a45cb47e529fb6fbd9d6f01cba1d2_s.jpg

■群馬県・水沢うどん
香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどんと並び、「日本三大うどん」と称される群馬県の水沢うどんは、初めて考案された冷うどんとしても知られています。水沢山から湧き出た名水と小麦粉、塩のみで作られた麺は透き通るように白く、太めでコシが強いのが特徴。温泉で有名な伊香保町の「水沢寺」付近が本場ですが、つけ汁はお店によって異なり、シンプルな醤油だれのほか、ゴマだれが用意されているところもあります。

■栃木県・耳うどん
栃木県佐野市といえばラーメンが有名ですが、耳うどんは江戸時代末期からこの地に伝わる伝統的な郷土料理です。小麦粉に塩水を加えてよくこねた生地を耳の形に成型された麺は、うどんというよりすいとんに近く、モチモチとした食感が楽しめます。うどんで耳を型どる理由は魔除けのためで、「耳を食べてしまえば悪い神様に家の話を聞かれることなく平和に過ごせる」と伝えられているのだとか。

■秋田県・稲庭うどん
稲庭うどんは、秋田県南部に伝わる手延べ製法で作られた、やや黄色みがかった乾麺です。地元・秋田県では、温麺や冷やし麺などのバリエーションで季節を問わず食べられています。稲庭うどんをおいしく茹でるコツは、大きめの鍋に水をたっぷりと入れ、麺が鍋の中で常に踊るような状態を保つこと。麺が細いので茹で過ぎに注意し、お湯を切ったら冷水に浸してよくもみ洗いをすると、家庭でもツルツルの食感を再現できるそうです。

まとめ

東日本に伝わるうどんは、製法や味付けに生活の知恵が活かされ、子どもからお年寄りまで楽しめるシンプルな味付けが魅力的です。麺そのものにこだわって作られるうどんが多いため、各地のうどんを食べ比べてみたい気持ちになりますね。

冷凍うどんなどの食品製造・販売を行うキンレイのオンラインショップでは、麺に国産小麦を使用し、できたてを急速凍結したコシのあるうどんが楽しめる各種冷凍うどん商品を取りそろえています。寒い季節はアツアツのうどんを食べて、身体の中から温めましょう。

鍋焼シズル.jpg


キンレイのオンラインショップはコチラ